Home > 食べる

ぐるぐる台北

ふらりとオシャレな不思議なお店へ~民藝埕

20160524-1464061028.jpg 台湾と言えば、オシャレなカフェも忘れちゃだめだよね。ガイドブックなどを見てみると、台湾茶はもちろん、コーヒーなどを古い建物をリノベーションしたお店でいただくスタイルが多いような気がします。ほんと、お店の雰囲気もいいし、いい感じ。時が止まるようだったよ。
 こちらのお店は、迪化街で布を買って、おこわを買って、お茶やドライフルーツを買って、とふらふら(いや、てくてく!?)歩いていたら、素敵な陶磁器のお店を見つけたので入ってみたんです。お店は長細い形をしていて、お店の奥に扉が・・・行ってみると・・・素敵な中庭・・・そして、その先に扉・・・開けてみると、カフェ&バーだった、というもの。え?どうなってるの??ってちょっとびっくりしたよ。

20160524-1464061034.jpg 後でいろいろ調べてみると、こういう建物は1920年代に多く建てられたそうで、それぞれの建物が「一進」「二進」「三進」と呼ばれ、それぞれの「進」が中庭でつながっている構造です。歴史的建造物なので、大規模な改築ができないんですが、かえってそれが昔の雰囲気を残しながら素敵な空間・お店になったんですね。カフェ&バーも路地に面しているから、ちょうど2つの路地に面した細長い建物にいくつかのお店が、中庭を介して続いている、というスタイルです。だから、カフェ&バーに行くには、お店と中庭を突っ切っていかなきゃいけない(もちろん、裏の路地に回れば、直接、入れるんですけれど)。慣れないと不思議な感じ。
 そんなカフェ&バーではキリリと冷やしたアイスカフェオレをごくり。お隣にはお昼からワイングラス片手に楽しく談笑しているグループもいて、ここはまた、来てみたいなーと思いました。

 行きたいお店をあらかじめチェックして回るのも楽しいけれど、こんな偶然の出会いもおもしろいね。街歩きがますます好きになりました☆

カフェでほっこり~台湾の茶芸館「回留」

20160304-1457079486.jpg 前回に続いて、また「台湾茶」のお話ですー
 台湾ってがやがやした活気ある街並みも魅力だけれど、一方でしっとりしたセンスあるお店が本当に多い。ここ「回留」もそのひとつ。台湾流のカフェ「茶芸館」というそうな。小龍包で超・有名な鼎泰豊(テォンダイフォン)本店のあるエリア・永康街の一角、永康公園の向かい側にあって、お店の窓からは公園の緑が見えてとってもステキ。カフェ、というとゆったりとおしゃべりも楽しめるのは当然、なんだけれど、台湾茶は何度も何度もお湯を継ぎ足することができるので、女子旅だとほんと、おしゃべりエンドレスのカフェタイムになりますよ。

20160304-1457079499.jpg まずは、オーダー。お茶が数種類、あって、はて、何を頼んでいいのやら・・・と思っていたら、ちょうど、お店に日本人の店員さんがいらっしゃいました。台湾が好きになって、このお店で働いているのだとか・・・お茶の特徴などをアドバイスしてもらうことができました。一緒にケーキも注文。お茶は香りを楽しんだり、味を楽しんだり、何度もお湯を継ぎ足してもらいながら、「癒されるわー」とか「ステキだねー」とか何度も言いながら、まったり。
 旅行に来ると、ついついあっちもこっちも、と精力的にうろうろしちゃいたくなるんだけれど、時にはこんな風に、実は日本でもできるかも、というティータイムもいいね。

20160304-1457079505.jpg

また行きたい!~「元・四四南村」の雑貨カフェ「好,丘」

20160216-1455607253.jpg 台北に女子旅!と向かったのは夏の終わり。台風通過直後の台北に到着したので、初日は小雨模様。福岡から飛行機で桃園国際空港へ、そして旅行社が用意してくれたバスでホテルへ。そしてすぐに、タクシーで向かったのがここ!台北101近くにある「元・四四南村(スースーナンツン)」と呼ばれるエリア。かつて、中国大陸から渡ってきた(外省人)軍人が住んでいたところで、いまは歴史的建造物、として保存され、公園みたいに整備されています。

20160216-1455607307.jpg お目当ては、毎週日曜日の午後(1時から7時)に開かれているという「Simple Market(シンプル・マーケット)」。台北の雑貨ってホント、かわいくて注目しているんだけれど、特に最近のクリエーター作品はちょっと懐かしかったり、ほっこりさせたり、丁寧な暮らしを感じさせてくれて、ちょうど私たち世代(とくくっていいのか、ちょっと不安ですが)にぴったりと来るものが本当に多いんですよね。

 と!期待してきたのですが、あいにくの雨。マーケットは中止になっていて、がっかり・・・。お天気ならテントが並んで、台湾のあちこちからいらしたクリエーターや生産者さんなどがいろいろ持ち込んで、楽しいマーケットがあるそうです。

20160216-1455607270.jpg それで仕方なく・・・雑貨・カフェ「好,丘(ハオ・チゥ)」へ。これがほんとーーーによかった!!素敵なお店でした。お茶やお菓子、食材など「食」から、せっけんやフレグランスオイルなど「美」、帆布のバッグや衣類・生活グッズまで、「わーステキ!」「カワイイ!!」ってテンションあがりましたよーー。お店の雰囲気もとっても素敵。

20160216-1455607278.jpg 日本でも「中川政七商店」のようなお店が増えていますが、そんな感じ。台湾のいいもの・良質なもの、揃えてきました、って印象。お値段も日本ほどは高くないから、手も届くし、もちろんお茶なんかはおみやげにできるね!って思ったよ。ただ、あまりにたびの初日だったので、のんのんたちはまだ、おみやげを買わなきゃ!!ってテンションにはなりきれず、ウィンドゥーショッピングになっちゃったけれど・・・

20160216-1455607297.jpg でも、あまりに雰囲気もいいものだから、みんなでお茶しよう!ということに。いつもものすごく人気のカフェだということで、この日も雨の日曜日の昼下がりだったから少し待ってくださいーって言われたので、番号をもらって、その間にお店を再びうろうろ・・・。メニューは台湾語&英語で書かれていたんだけれど、日本語ができる店員さんがいらして、「コレハ・・・」ってだいたい紹介してくれたので、助かりました!3人でお店のイチオシ・ベーグルと、台湾っぽいお弁当に入ったプレートとカフェラテなどの飲み物を注文。

 ベーグルはほんと、おいしい!!もちもちの生地ももちろんだけれど、クリームチーズやはちみつがとってもおいしいーーーもっと、食べたくなる!何度でも食べたくなる!!おいしさでしたよ。後で調べてみると25種類もあって、毎日10~12種類のベーグルを焼いているんですって。

20160216-1455607290.jpg そしてこちらのお弁当。なんというのかな、豆などで作ったものを味付ているんだと思うんだけれど、滋味深い味だった。からだにいいんだろうなぁーって思いながらおいしくいただきました。ベーグルでおなかいっぱいになったのと、夜ごはんも食べたい!と思ったので、デザートはパス。でも、次に来た時にはマーケットも、ショップも、ベーグルももっともっと楽しみたい!ここはリベンジだね。

20160216-1455607333.jpg それにしても、どこを写しても絵になるよ。

20160216-1455607319.jpg

ドリンクスタンド「元氣Q奶」の新しいお店は

ドリンクスタンド「元氣Q奶」の陳さんが、新しいお店の写真を送ってくれました。ありがとうございます!

元氣Q奶元氣Q奶

長安旗艦店
台北市大同区長安西路152号

メニューも一緒に送っていただきました。

元氣Q奶メニュー

永吉店もあるんですね。こちらはMRTの市政府駅の近くです。

永吉店
台北市永吉路30巷122号

タピオカミルクティ飲みたくなってきましたよ。みなさん、台北に行った際は、ぜひお立ち寄りください!

ドリンクスタンド「元氣Q奶」移転しました!

草木が芽吹く春はもうそこまで。
ふたたび旅熱が出てウズウズしていた矢先、
嬉しいメールが届きました。
台湾ドリンクといえばタピオカミルクティーが代表格ですが、
『ぐるぐる台北』の旅で立ち寄った「元氣Q奶(ユェンチーキューナイ)」の
お店の方から丁寧な日本語で、「移転しました」のお知らせが届いたのです。
陳さん、『ぐるぐる台北』を見ていただいて、ありがとうございます^-^

思い返してみれば、こちらはスタンドショップなのですが、
甘さ控え目で本格的な味わい。
タピオカもストローを通るか通らないかというぐらいの大粒で、
飲み食べ応えがありました~。
美肌に効果があるといわれる「仙草ゼリー」の入ったメニューも
ツルッといけて好きでした。
看板に「げんき」と日本語が入っているのも嬉しいですね。

タピオカミルクティ元氣Q奶元氣Q奶元氣Q奶

というわけで、新住所のお知らせです。
新住所:台北市大同区長安西路152号

東日本大震災で温かな応援をしてくださった台湾の方々への
感謝の気持ちとともに、またまた台北へ行こうかなと計画中。
その時は、またぜひ立ち寄ってみたいと思います。
謝謝!

タピオカミルクティなら「春水堂」に行くべし!

台湾のドリンクといえば、台湾茶と並んで有名なのが、タピオカミルクティ「珍珠奶茶」。何年か前に初めて飲んだときは、かなりインパクトあったなー。タピオカって見た目、カエルの卵みたいだし、なんで、そんなの入れるとーと思ってたのに、飲むとこれが意外とはまる!ミルクティが濃厚でおいしいってのもまずあるんだけど、タピオカのぐにゅぐにゅした食感がくせるになるというか。「ぐるぐる台北」の取材でも、いろんなタピオカミルクティを飲み比べたんだけど、その中でもピカイチはやっぱり、タピオカミルクティの元祖といわれる「春水堂」でしょう。ドリンクスタンドだと1杯30元、35元などであるんだけど、ここのは小でも75元と倍近くするんですよね。でも、このおいしさなら、ぜんぜん75元でもOKですよ。

市内に数店舗あるので、まずは、南京店へ。朝8:30から開いてるので、ホテルのモーニングを食べたら、一番に出かけていきました。林森公園に面していて、ロケーションもいいなー。内装も落ち着いた雰囲気でステキです。

南京店外観1階

オーダーは、メニュー兼オーダー表がくるので、それに印をつけてオーダーします。日本語メニューもあるので安心です。ドリンクは量が多いので、小で十分ですよ。会計は先にします。「珍珠奶茶(小)」小75元の他に違う味も頼んでみて、みんなで飲み比べてみましたよ。ここのタピオカミルクティはほんとおいしいなー。ミルクティの濃厚さや甘さのバランスもちょうどいいし、タピオカがちょっと小ぶりなので飲みやすいよ。

オーダー表タピオカミルクティ

ドリンクの種類も多いんだけど、甘味や食事も充実しています。朝ごはんを食べたばかりだったので、お団子1皿だけ頼んでみんなでつつきました。お得なモーニングセットもあり、麺類など、ランチにもディナー利用できそうでした。

甘味

ここで、トイレに行くついでに2階もチェック。階段下には、鯉が泳ぎ、踊り場からは、森林公園が。2階も明るくて、気持ちのいい空間が。

鯉階段の途中2階

トイレに入ると、小さな子供用トイレが並んでいました。これ、子連れにはうれしいなー。

トイレ

お次は、光復店。こちら、MRT國父紀念館駅近くの國聯大飯店(ユナイテッドホテル)の先にあります。ユナイテッドホテルに宿泊した日に、うたことアレイはここで夜お茶を楽しんだとのこと。ここも店内、かわいいなー。くりぬいてあるカタチがポイントだね。タピオカミルクティをジョッキで楽しんだ形跡が。日本だとジョッキといえば、ビールや酎ハイのイメージだけど、台湾ではこれがタピオカミルクティだったりするんだね。

内観くりぬきミルクティ光復店外観

最後は、信義店。こちらは、親光三越信義新天地A9館B1Fにあります。クーラーの聞いた室内を選ぶもよし、自然の風が気持ちいいテラス席を選ぶもよし。写真はテラス席です。30度を超える暑さの中、五分埔服飾特區を散々歩いたあと辿り着いたアレイとぴのこはもちろんクーラーの方を迷わず選択。涼しい中、タピオカミルクティをいただきました!グラスたっぷりに注がれたミルクティに、クリーミーにあわ立った姿がいいんですよね。ほんと、おいしかったー。台北に来たら、春水堂は必須ですねー。

ミルクティテラス席

【お店データ】春水堂 南京店
南京東路一段29号
02-2521-3359
営/8:30〜24:00(セットメニュー11:30~21:00、朝食8:30~10:30、~土・日曜11:00)
休/旧正月の大晦日の夜
http://www.icetea.com.tw/
・アクセス
MRT中山駅から徒歩5分。


大きな地図で見る

台湾の行きつけカフェ「Café 25℃」

今回ぐるぐる台北の取材で、毎日食べ続けていたなかで、ほんと、ここって落ち着くーと、何度も足を運んだのが、忠孝東路にある「Café 25℃」。タピオカのスイーツで有名な「東區粉圓」の角を右に曲がって、十字路を1つ過ぎたところにあります。このカフェの存在を知ったのは、台湾に行きたい!と思うきっかけを作ってくれた本『台湾カフェ漫遊』。侯考賢(ホウ・シャオシェン)監督が通いつめていたというステキなエピソードも書かれていました。

Café 25℃ 台湾カフェ漫遊

天井の高い店内のはしっこの席に、しょうこと座り、珈琲を飲みながら、人間観察をしたり、いま一緒につくっている喫茶本の打ち合わせをしたりと、台北にいながら、福岡にいるように、リラックスした気分でくつろぐことができました。

店内店内

ここ、実は、カフェラテ(120元)などを頼むと、カップがかわいいんだよねー。店内もおしゃれな台北っ子が多いんだけど、その子たちが、かわいいカップで飲んでるっていう絵がいいのだ。

ぴのこカップ

コーヒー(ブレンド110元)もケーキ(ティラミス90元)もおいしかったです。軽食から、ちゃんとした食事もできるので、昼も夜もいつ行ってもいいカフェだねー。ここって、台北の心のオアシスでした。次に台北に行っても、絶対行くこと、間違いなしなのだ。

ブレンドとティラミスCafé 25℃

【お店データ】Café 25℃
安和路一段21巷23号1F 
02-2781-8909
営/11:00~24:00 
休/旧正月   
MRT忠孝敦化駅から徒歩5分。東區粉圓の角を誠品書店敦南店の方へ歩くと右側にあります。


大きな地図で見る

「台北牛乳大王」でマストは「パパイヤ牛乳」

20090901-1251808831.JPG20090901-1251808854.JPG

台湾に来たら、タピオカミルクティ同様、一度は飲んだほうがいいと薦められたドリンクの王様、「台北牛乳大王」。市内に6店舗を構えるメジャーなドリンク専門店です。店名からモ〜ゥ、ソソられますよね(笑)。お店に入るなり、迎えてくれたのはリアルな牛さんのオブジェ!

こちらの代表的メニューは何といっても「パパイヤ牛乳」(70元)。品質のよい台湾産パパイヤとフレッシュミルクをミックスしたジュースです。タピオカミルクティ同様、日本ではLサイズばりのビッグカップで出てきます。これで200円ちょっととは…。勝手にかなり甘いんだろうなと想像していたんですが、一口飲むと、自然な甘みが生かされていて意外にもサッパリとした味。ゴクゴクいけちゃいました。好みがあると思いますが、個人的な感想をいえば、あともう少しパパイヤの甘みが強かったら嬉しいかなー。

20090901-1251808869.JPGパパイヤ牛乳のほかには、気になる「ストレスかいしょうドリンク」(80元)をオーダーしてみました。ブドウ、キウイなどフレッシュフルーツとハチミツが入った爽やかなテイストで、かなり好み。ただ…ここがお国柄なのか、ブドウの種もそのままジューサーにかけられていて、粉砕した種がストローの吸い上げを困難に…。味はすごくおいしいのに惜しい(笑)!「美白ドリンク」なんてのもありましたよ。

20090901-1251808929.JPGほかにもメニューは多彩。イチゴやマンゴー、パッションフルーツなどの季節限定ドリンク、シェイクやヨーグルト類に加え、手頃なフードメニューも充実。若者やビジネスマンもいれば、新聞を熟読するおじいちゃんもいたりして、幅広い人気なのがわかりますね。早朝から遅くまで(訪れた時は7:30〜24:00営業でした)オープンしているので、朝ごはんや夜食にも便利かも。

私は成都店と忠孝店に寄ってみましたが、店舗によって異なる内装が楽しめるようです。看板に牛さんマークを見かけたら、入ってみてくださいね。
20090901-1251808944.JPG

20090901-1251808956.JPG

【お店データ】台北牛乳大王 忠孝店
忠孝東路四段49巷4弄10号 
02-2771-2866
営/7:30~24:00 
休/なし
http://www.tmkchain.com.tw/   
・アクセス
MRT忠孝復興駅から徒歩1分
※南京店、成都概念店、市政府店など市内に6店舗あり


大きな地図で見る

Home > 食べる

Search
Feeds
3: Google [ ]
3: Yahoo! [ ]
2: Google [ ]
2: Yahoo! [ 南京復興駅 春水堂 ランチ ]
2:lite_url=http://www.gurugurutaipei.com/%3Fcatid%3D5&lc=ja-JP&s=1&f=1&m=98&pid=3&
1: Yahoo! [ 台北 タピオカ用ストロー ]
1: Yahoo! [ 忠孝敦化 台北 茶藝 ]
1: Yahoo! [ 繧ソ繝斐が繧ォ繝溘Ν繧ッ繝?ぅ繝%B ]
1: Yahoo! [ 蛙珈琲 台北 ]
1: Yahoo! [ 元氣Q奶  忠考復興駅 ]

Page Top